日本の伝統芸能と最先端技術の融合

日本の伝統芸能と最先端技術の融合

近頃、コンサート業界及びイベント業界では、照明ではコンピュータで空間をデザインできるムービングライト。
音響では、ラインアレイが、全盛期を迎えています。

照明では従来のパーライトも使用する機会も多いですが、ムービングライトのみで行われるイベントも多数あります。
また、LED化され、消費電力も少なくなり、電源容量のそれほどない場所でも、ある程度の数まで使用できるようになってきました。
音響では、機材の小型化、デジタル化が進み、省スペースで機材が設置出来るようになってきました。

このように、機材の進歩が目まぐるしくあります。

日本の伝統芸能でも、最先端の技術が使用されることも多くなりました。
歌舞伎や能でも、大型ビジョンで舞台セットを映し出したりすることもあります。
こういった試みは、今までの年齢層だけではなく、今まで歌舞伎や能を観劇したことない人たちにも、舞台を観劇する機会を与えてきたと思います。

限られたスペースで、最大限の効果を与えれる今の機材。
今後も今まで以上に、期待したいと思います。