カーオディオ?にこだわってしまった。

カーオディオ?にこだわってしまった。

PR  |高崎市の安心価格の換気扇の交換 | 熊本市の耐久性を追求した注文住宅|

僕は28歳男性の社会人です。愛知県で和風の木の家を建てるために夫婦で頑張っています。今住んでいる自宅は古いのもそうですが横浜市で遺品整理を行うゴミ屋敷掃除のプロに頼みたいくらい散らかっていて、嫌になっているのも正直あります。
建てるなら今人気の二世帯住宅で祖父の仏壇も設置したいとおもっています。手元供養にしていて、遺骨はきれいに洗ってあるのです。家具はアンティーク調にして、アンティークの味のあるソファなどを設置したいです。

住宅を建てる時にこだわりたいのはオーディオルームです。学生の頃はバンドを組んでいたので、人並み以上にオーディオのアンプやスピーカーの知識があります。そんな僕は他にも趣味があります。それはドライブです。車がもともと好きなので休みになるとドライブをするのですが、そんな好きなドライブをする時にお気に入りの音楽を聴きながらドライブをするのがなんとも至福の時間となっています。そして、その至福の時間をより濃厚にする為に車のオーディオをいじっていきました。

車の知識が無いのでまずは手始めにお店に売っているカースピーカーやオーディオなどを変えていきました。やはり純正のものとは違い、すぐ音質が変わりました。しかし、それだけでは、違和感を覚えた僕は最高の車内音質を高めようと色々なことに挑戦してみました。

カーオーディの中でウーファーなどよく聞くと思いますが、なぜそもそもウーファーが必要なのかと言うとそれは音楽データ再生する時にただのスピーカーでは低音領域を出すことができません。それはスピーカーの振り幅になりますので、仕方の無いことです。だからこそ、ウーファーが必要なのです。一つ取り付けるだけで大分変わってきます。

そして、低音領域が上がれば今度は音が「もごもご」して透き通った音が離れてしまいます。これも性の話になるので仕方がありません。ここで一つの豆知識ですが、オーケストラや生演奏が良いのは一つひとつ個性があるので音がバラバラで出てくるので全て楽器が上手く交わり素敵な音楽が生まれますが、車の場合だとスピーカーなので再現できない部分も出てきます。なので、次は高音領域の役割を分担させるツィーターが必要になります。

これで車はかなり素敵な音質を再現することが可能になります。低音領域はウーファーで通常はスピーカーで、高音領域はツィーターですることで全ての領域をカバーすることが可能となっています。

今回僕が紹介したことは音質のごく一部になりますので、もし興味があればどんどん、ネットなどで調べてみて、自身に最適な音を探すのも良いかもしれませんね。

PR|お家の見直ししま専科|生命保険の口コミ.COM|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|AGAお悩み相談.com|健康に役立つ口コミ情報|マーケティング経営研究.net|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|